脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風に強いプレーヤーになるには?【感じる手】

こんにちは!

フィーリングテニス実践中!

ネギヲです^^


私の住む群馬県は、冬から春にかけて北風がとても強く吹きます。

この風、テニスの上達にとっては少しやっかい者です。

何故でしょうか?




強い風によって、ボールが影響を受けるからです。

向かい風の時には、いつもよりボールが押し戻されます。

緩く上げたロブなどは、ネットを越えた後、時に風によってこちら側のコートに落ちるほどです。

追い風の時は、いつも入っているボールが風に運ばれてアウトしたりします。


こういう状況下で、どういう心理が働くでしょうか?

当たり前のことですが…


向かい風の時には、

「もっとボールを飛ばそう」

「もっとボールを強く打たなきゃ」


追い風の時には

「もっとボールを浅く落とそう」

「アウトしないようにしなきゃ」


などといった言葉が頭の中に浮かんできそうじゃないですか?

つまり、セルフトークに支配されやすくなる状況です。

セルフトークに支配されると、上達に必要な情報は脳に供給されにくくなります。

風の影響を受けるボールの情報が入ってこないので、

いつまで経っても風の中でナチュラルな動きができません。

普段から打ち方や力加減を意識しているプレーヤーは、よりこの傾向が顕著でしょう。

それによって、

「この風さえなければ、テニスを楽しめるのに…」

「今日の調子の悪さは、全部この風のせいだ!」

などとマイナスな自己イメージを作り、

風を嫌い、風に弱いテニスプレーヤーが出来上がっていく訳です。


どうでしょう?

風の強い地域の方、思い当たるフシがありませんか?


「そんなこと言ったって、風は確かに吹いてるし…」

ですよね。

じゃあ、どうすればいいか?



答えはすでに少し前に書いてあります。

『セルフトークに支配されると…風の影響を受けるボールの情報が入ってこないので、いつまで経っても風の中でナチュラルな動きができません』

これです。

セルフトークをしないことです。


(Feeling Tennis用語で)
【ボールを感じる為の手】という言葉があります。

風の中においても、この【手】であり続けることです。

これによって、

あっという間に風の中でのテニスを楽しむことができるようになります。

風の中でのテニスも好きになれます。



楽に行きましょう。
[ 2011/01/23 22:24 ] Feeling Tennis | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。