脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

曹操の梅林に学ぶ【テニスは寝てる間に上達する】

こんにちは!

Feeling Tennis実践中!
ネギヲです^^

この猛暑、9月半ば頃まで続くとか続かないとか。
お日様気合が入りすぎと違いますか(汗)


三国志の話。

魏の曹操が、遠征に赴いた際。

炎天下の行軍で、兵士たちが喉の渇きに辟易していると、曹操が

「この先に、梅の林がある。そこまで行けば、好きなだけ梅が食べられるぞ!」

と兵士たちに告げた。

これは曹操の機転を利かせた嘘だったのだが、それを聞いた兵士たちは、梅の味を想い浮かべ、口の中に溜まる唾を飲み込んで喉の渇きをやり過ごしたという。


曹操、すごい人です。

そして、人間のイメージする力もすごいです。

試しに、すっぱい梅の味を想像してみてください。







口の中にツバが出てきたでしょう?

これが、想像力のなせる業です。

実は今、脳の中では実際に梅を食べたことになっています。

実体験として脳が反応しているわけです。

これは、人間すべての脳に共通する働きです。


次に、大勢の観客の見つめる壇上に立ち、10分間スピーチをすると想像してみてください。







どうですか?

実際にやってみるとわかりますが、本当に緊張します。

脈拍が速くなったり、手のひらに汗がにじんだりします。

これは、あなたが作ったイメージを、脳が実体験として処理し、身体が反応しているわけです。



これは、テニスにも使えます。

例えば、あなたがコートの上で気持ちよくボールを打っていると想像してみてください。

できるだけ具体的に、リアルに、はっきりと。

インパクトの音、手のひらから伝わる感触、ボールの軌道、スピード…

あなたがイメージしたものは、すべて本当のこととして脳が体験します。

すると、それは実際にコートに立ってボールを打つときに反映されます。

イメージした通りのボールが打てるようになるということです。


実際にボールを打つときは、

『何も考えない』

ことが重要です。

それによって、脳が自動的にイメージを再現してくれるからです。

身体が動きたいように動き、打ちたいときにボールを打つ。

あなたの脳を信じて、やってみてください。
[ 2010/09/01 22:34 ] 練習法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。