脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無になる時間【目に見えないものへの手紙】

こんにちは!

ネギヲです^^


目に見えないものと、目に見えるもの。

世界は、この二つのもので成り立っています。

私たちは、どうしても目に見えるものが重要だと思いがちです。

ですが、目に見えないものに価値を見出すことで、

私たちの人生は大きく変わっていきます。



テニスにおいても、目に見えるものにとらわれている場合、

私たちには良い結果が出ないことに気づくでしょう。

目に見えないものを感じようとするとき、

私たちの内側からの声を聞くことができます。

内なる声に身を委ねてみましょう。

新たな何かとの出会いがあるはずです。


それは、感覚かもしれません。

あるいは、価値観かもしれません。

またあるいは、空腹感かもしれません。冗談ですよ(笑)


一日のうちの20分、難しければ10分でも構いません。

一人きりの静かな時間を作りましょう。

可能な限り、外部からの刺激や情報を避け、

リラックスして、何もせず、何も考えません。

この時間を作ることで、目に見えないものを感じる力が養われます。

そして、これは内緒ですが、

これを習慣にすると、自分の中の「良いもの」が出て来やすくなります。

ぜひ、毎日の習慣にしてください。


また、次のステップとして、

やはり20~30分程度時間をとって、

ただひたすら、自分に関わるあらゆるものに感謝する、というものもあります。

感謝が習慣になると、テニスや人生の中で『助けの力』を感じることが多くなります。

物事がよい方向に進みやすくなります。

これも、日々の習慣に取り入れると良いでしょう。


そして、さらに上のステップでは、

時間は長いほどいいですが、最初のうちは15分~30分程度がいいでしょう。

自分に関わるあらゆる人(自分も含め)のために祈ります。

祈り、と聞くと宗教臭くなりますが、私は信仰を持つことは悪いことだとは思いません。

好きな人はもちろん、嫌いな人の幸せも祈りましょう。

みんなの笑顔をイメージして、良いことが起こり喜んでいる姿をイメージして…

これが習慣になると、実際に自分にもみんなにも良いことが起こります。

そして、嫌いだったはずの人との関係が、良いものになったりします。

実に不思議ですが、実例が数多く存在している方法です。

祈りの習慣、敬遠せずに取り入れてみましょう。


事実、世の偉人たちは、こういった習慣を少なからず持っていました。

肌でその効果を知っていたんでしょうね。

朝、起きた時

夜、眠りにつく前

このような時間を持つことを習慣にしましょう。
[ 2010/06/10 16:05 ] テニスと人生 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。