脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強風の中のテニス【プラス思考】

こんにちは!

今日は仕事がお休みなので、朝から買い物へ行きました。
買い物と言っても、ベニヤ板を7枚ほど買っただけですが^^;

というのも、我が家ではワンコを飼っており(そうです。プロフィールのあのコーギーちゃんです^^)、庭に手作りのドッグランがあるのですが、簡単なつくりの為、穴を作って脱走されてしまうのです^^;

その対策のためのベニヤ板なのでした^^; やれやれ^^;

店からベニヤ板をかかえて出てくると、強風にあおられてよろけてしまいました。今日は風が強いんですね~^^


風といえば、自分の地元では毎年冬から春にかけて強風が吹き荒れます。

その強風の中、テニスをするのですが、客観的に見てその姿は異様でしょう。

「こいつら、なんでこんな風の中でわざわざテニスやってんの?」

公園を歩く家族連れやカップルが、風にあおられるボールに一喜一憂する自分らを見て、首をかしげて通っていきますし(笑)。

みなさん、風の中のテニスはお好きですか?

多くの人が「風があるといつものテニスができないから、嫌だ」と言います。 当然のことだと思います。

ですが、自分はどういうわけか、風の中でのテニスはそれほど嫌いではありません。
むしろ、風で変化するボールを見るのが楽しくもあります。 変な奴と言われます。

それに、悪天候下でのテニスは、実は格上のプレーヤーに勝ついいチャンスでもあります。
実際、自分が県大会で優勝できたのは、雨が降っていたというのも勝因の一つだと思っています。

嫌だと思ってしまえば、何でも嫌になるものですよね。

自分の場合、雨や風のおかげでいい結果が出たという経験があるので、他の人ほど悪天候下のテニスに抵抗がないのだと思います。 幸運なことだと思っています。

今ある環境を嘆くのではなく、前向きに受け取っていく姿勢を自分の癖にするというのも、テニス上達のポイントなんじゃないかと思います。

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

「よりよい癖」を身につける方法も、実はフィーリングテニスを実践することで学べます。

まずは、無料のメルマガでこの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

必ず、あなたにとって良いことが起こりますよ!!

↓↓メルマガの申し込みはコチラからどうぞ↓↓
http://csfpartner.com/feel_tennis/sonic/52-1.htm

↓↓ネギヲのやる気スイッチも押してね♪





~もしあなたが成功したいなら、成功する方法を知っている人にそのやり方を聞くべきだ~



[ 2010/03/30 11:27 ] テニス | TB(0) | CM(2)
強風の日に大物を『喰った』ことが何度かあります^^
以来、コーチには
 「てにままって、風の日が好きよね?!」
な~んて言われます(笑)

風で揺れるボールをジッ~と見て打つことで
集中するんでしょうね?!
強風は決して『好き』なわけではないんですが(爆)
[ 2010/03/31 02:05 ] [ 編集 ]
本質
てにままさん

コメントありがとうございます^^

強風の日に強さを発揮するのは、集中する対象が「ボール」だからなんですよね!

風に弱い人は「風」に集中してしまうので、ボールに集中できずミスをしてしまうんですよね。

人は(というより人の脳は)、一度に二つの事に集中できないように作られているそうです。

上達の本質は、このあたりにありそうですよね!
[ 2010/03/31 21:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。