脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたにも、みんなにもね。【テニスの神様からの贈り物】

こんにちは!

ネギヲです^^

世の中には、目に見えない力の働きというものがあります。

テニスの世界にも、大きく関わりのある働きです。今日はそのお話を。


「あなたは神を信じますか?」

…引いちゃいました?

宗教の話がしたいわけではないので、安心してください(笑)

ただ、神という存在は、先進国と途上国に関わらず、世界に共通するものであることは事実です。

なので、今回は目に見えない力を「テニスの神様」と呼ぶことにしてみました。


テニスの神様が望んでいることは何でしょう。

テニスの神様は、テニスを通じて世界をよくしたい、人々に幸せになってほしい、と願っています。

あなたがテニスをすることで、あなたと、あなたの周りの人が幸せになってほしい、といつも思っています。

ですから、あなたがテニスで幸せになろう!と望めば、いくらでも手助けをしてくれます。

さて、ここで質問です。

あなたにとってテニスをする上での幸せとは何でしょう?

どうなることが、幸せと言えるでしょうか?







いかがでしょうか?

どんな答えに辿り着きましたか?



Aさん「試合で勝つこと。優勝すれば最高に幸せになれる」

優勝は素晴らしい経験です。その瞬間は、大小はあれどまさに歓喜というべき感情がこみ上げてきます。

優勝することで、新たなステージに上がるチャンスを得られる場合もあります。

ですが、この幸せは一過性のものです。

誰も、永遠に勝ち続けることはできません。

テニスの神様は、一瞬だけ幸せになってほしくてテニスという競技を作ったのではありません。

それに、勝つことでしか幸せになれないとしたら、負けた相手は不幸せということになってしまいます。

忘れないでください。

テニスの神様は、みんなが幸せになることを望んでいるのです。


Bさん「上達がすべて。技術が向上して、相手からエースを取れるようなショットが打てたらそれで幸せ」

これも良くわかります。自分が狙ったとおりにボールをコントロールして、相手からポイントを奪うことは、ある種の快感です。でも、これもやはり一過性のものです。

こういう人は、テニスがうまくいかなくなると、精神的にイライラして物に当たったりすることがあります。

その行為は幸せとは程遠く、周りの人にも悪い影響を与えます。

また、こういう考えの人は、自分より技術的に劣る人を見下す傾向も見られます。

まさか、神様がそんな人物にあなたがなるのを望むわけがありません。


Cさん「とにかく、テニスを通じて色んな人と交流を持ちたい。仲間が増えたら幸せだと思う」

広い交友関係は、楽しい雰囲気や有益な情報などをもたらしてくれる場合があり、あなたにプラスに働くかも知れません。

しかし、その逆もまた真なりで、人と人との関係に悩まされる場合ももちろんあります。

あの人と出会わなければ、こんな事にはならなかった。

誰々が、あなたのプレーは今ひとつね!と言ってたけど、どう思う?

などといった後悔の念に襲われたり、または無責任な意見なども聞かされることになるかも知れません。

それも人付き合いの醍醐味でもありますが、できれば良い人だけと付き合いたくなります(笑)

一人で黙々と壁打ちをする人がいますが、彼は彼なりに幸せを追求している姿かも知れません。






さあ、いかがでしょうか。

なかなか、テニスの神様があなたにどんなプレーヤーになってほしいのか、見えてこないですね?





実は、AさんもBさんもCさんも、間違いを言っているわけではありません。

すべて正解でもあり、不正解でもあります。

?? どういうこと??

ですよね(笑)

すべての回答を正解にするキーワードは【感謝】です。


テニスをするにあたって、感謝の気持ちがあるかどうか、自分に問いかけてみてください。

あるテニス仲間が、クラブの飲み会の席で言いました。

「明日あいつとシングルスやって、絶対ボコボコにしてやる」

どうでしょう。私はこのシングルスの結果がどうだったのか知りませんが、いずれにしてもこの方は幸せではないし、こういう考えでいる限り、この先もなかなか幸せにはなれないだろうな。と感じました。

なんとなく、ニュアンスが伝わるでしょうか。

自分も相手も、周りの人も幸せになってほしいと、テニスの神様は願っています。

ここがポイントです。

何も、試合でわざと相手に負けろとか、そういうことを言ってるのではありません。

テニスをする上で起こることが、すべて神様からのギフトやメッセージだということです。

あなたにとって必要なことがそこで起こっています。

では、あなたはどうすべきか。

例えば、試合で負ける悔しさをバネにもっと努力してほしい、と神様が願って、『試合での敗退』というギフトをあなたに贈ってくれたとします。

「こんなもの、いりませんよ!」とポイ捨てして、感情に任せてラケットを叩き折るか。

「ありがとうございます。もっと頑張ります」とポジティブ・リアクションで受け取るか。

どちらでも、反応は選択できます。

選択するのは、あなた自身です。


試合での勝ち負け。

技術、ショットの良し悪し。

人の在、不在。


これらはすべて、あなたというフィルターを通して、あなたの反応を引き出します。

幸せなプレーヤーになるために、あなたのフィルターがどんなものなのか、チェックしてみて下さい。

意外と、ダークな色のフィルターになっちゃってるかも知れません。ご注意を!


長くなってしまいました。

今回はこれで。

最後までお読みいただいた方、お疲れ様です。ありがとうございました。
[ 2010/05/27 01:37 ] テニスと人生 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。