脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

責任とってよね!【テニスと調子の波と現状把握】

こんにちは!

ネギヲです^^


夏と冬が交互にやってくるような毎日ですね。

体調崩していませんか?

にほんブログ村 テニスブログへ

↑↑今日もポチッとクリックお願いします☆



体調は良くても、テニスの調子『テニ調』はどうですか?

テニスの調子が悪い時って、自分ではどうしたらいいかわからなくなりませんか?

まるで、出口の見えないトンネルの中にいるようだったり、

暗い森の中で迷っているような感覚だったり、

大きな迷路の中にいるようだったり。

こんな時、どうしたらいいのでしょう。


どうにもならないようでも、実は私たちは地図を持っています。

どこにって?

自分の頭の中にです。

ですが、こういう状況の時、私たちは現在位置を見失っているんです。

ですから、何をどうしたらいいかがわからないままなんです。

この状況の中で、一番最初に何をすべきでしょうか?


もうお分かりですね。

自分の今いる場所を知ることです。

自分の置かれた状況が分かれば、この先どう進めばいいかが分かります。


テニスの調子が悪い時には、人に聞いたらダメです。

人は、あなたの目的地を知りません。

その人の知っている所へ連れて行こうとします。

連れて行かれた先は、あなたの知らない場所で、あなたはまたそこから始めなくてはならなくなります。

遠回りです。

にほんブログ村 テニスブログへ

↑↑ぜひポチッとクリックお願いします☆


テニスの調子が悪い時には、一度立ち止まって、自分で自分の状況を把握する必要があります。

この時、頭で考えてはダメです。

「自分は今、どういう感じ?」と、身体全体に問いかける感じです。

そして、身体からの声を聞いてみて、感じてみてください。

自分の身体です。

誰にも聞いてはいけません。自分で責任を持ちましょう。

アドバイスを求めて、その通りにやってみて、結局ダメで、アドバイスをくれた人を信用しなくなる。

これでは、お話になりません。

まず、人にアドバイスを求めた自分を反省すべきです。

自分にとって、一番身近な人は、まぎれもなく自分です。

もっと、自分の声を聞いてあげてください。

もっと、自分のことを分かってあげてください。

必ず、全ての答えは自分の中に見つかるはずです。

人や、モノでどうこうしようとしたらダメです。


「もっと、ボクのことを信頼してよ!」


と、潜在意識の声が聞こえてきそうです(笑)。


それでは、今日はこのへんで!

>>自分自身の潜在意識を信頼しよう!【フィーリングテニス無料メルマガレッスン】はこちらからお申し込みできます。

[ 2010/04/24 20:39 ] テニス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。