脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

諸刃の剣【テニスと潜在意識のナビゲーション】

こんにちは!

ネギヲです^^

昨日の記事を読んでいて感じたことがあります。

昨日まで出来なかったことが、今日は突然できるようになった。

これって、不思議ですよね。

一晩寝てる間に、勝手にテニスが上達しちゃったんでしょうか??



実は、まんざらそれが冗談でもないようなんです。

私たちの潜在意識は、私たちが寝ている間もずっと起きていて、活動しているんです。

何のために活動しているんでしょうか?

それは…「イメージを実現するため」です。

けなげな右脳 の記事でも紹介しましたが、私たちの右脳は、左脳から与えられた目標を達成するために活動します。

左脳からの目標=私たちが思い描く(イメージする)こと です。

これを実現するために、右脳(潜在意識)は私たちの中で、不眠不休で活動し続けているんですね。まったく泣ける話です。

つまり、昨日できなかったことが今日できた!というのは、『出来ている自分』をイメージした結果、右脳が寝ずに働いてくれたおかげなんです。思わず、右脳くん、ありがとう!と言いたくなります。


ですが、これと逆もまた真なり。なのが、ちょっと怖いところでして…

もし、私たちが『できない自分』をイメージしたらどうなるでしょうか?

…そうなんです。

潜在意識は、イメージの良し悪しを判断することはありません。顕在意識から送られてくるものは、潜在意識にとっては全てが真実であり、それと現状とのギャップを急ピッチで埋めていく作業が進められるのみです。

みるみるうちに、できない自分の出来上がり、という訳です。

『今の自分』という存在は、自分が知ってか知らずか、自分が今まで積み上げてきたイメージが実現した結果です。

普段、テニスをしながらどんなことをイメージしていますか?

はっきりと、上達している自分をイメージできますか?

ちなみに、描くイメージが鮮明で具体的であればあるほど、潜在意識の活動も、よりはっきりと確実なものになります。

かのミスター長嶋は、夜寝るときに、自分が試合の大事な場面でホームランを打ち、家に帰って家族が祝福してくれるまでの一部始終をイメージしてから眠りについたそうです。非常に具体的です。

イメージするのにお金はかかりません。
さぁ、皆さん。
未来の自分に、ノーリスクの投資を始めようじゃありませんか!!(笑)(でも本気)

>>より効果的なイメージの描き方を、フィーリングテニスは惜しみなく教えてくれます。まずは無料メルマガレッスンから始めてみることをオススメします!
[ 2010/04/19 23:09 ] メンタル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。