脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テニスにおけるボールの観かた

こんにちは!

ネギヲです^^♪

皆さん、Feeling Tennis無料メルマガレッスンはもうお申し込みされましたか?
テニスをもっと楽しみたい方や、自分のテニスに悩みのある方に最適なアドバイスがたくさん詰まっています。
メルマガを楽しみながら、テニスもレベルアップしちゃいましょう^^♪

さて、そのフィーリングテニスで習う【ボールを観る】ことについて、お話したいと思います。


私のクラブに、30歳代後半からテニスを始めて、40歳を過ぎて県のシード選手になった、Tさんという先輩がいます。

この方、身長が160センチに満たない、男性のテニスプレーヤーとしては体格に恵まれてないと思われる方なんです。

サービスも緩いし、目立ってストロークやボレーが優れている訳でもありません。

ですがめっぽう試合に強く、県のトップ選手を破ることもある、そんな方です。

そのTさんは、よく私たちに

「いいかい、ボールは観るもんだよ。眺めるもんじゃないよ。」

と教えてくれていました。

Tさんが言うには、テニスをするほとんどの人が、ボールを見ているつもりで、眺めている。んだそうです。

それを言われても、その時の私たちは「???」という感じでした。

テニスをする以上、ボールをしっかり観るのは当たり前のことだし、当然自分もボールを観てテニスをしている「つもり」でいたからです。

しかし現在、自分がフィーリングテニスを実践するようになって初めて、

「確かに、Tさんの言っていた通りだった」

ということが理解できたんです。

それまでの私は、『ボールをただ眺めているにすぎなかった』のです。


テニスにおいて、目から入ってくる情報は、非常に重要です。

私たちの脳は、目から入ってくる情報を分析し、それに的確に対処するよう、身体に命令を出します。

この情報の精度によって、脳から出される命令の精度が変化します。

目から入ってくる情報の精度が高く、緻密であればあるほど、脳からの命令の精度も高く、より緻密なものになります。

つまり、ボールを観れば観るほど、それに対する身体の動きの精度が上がる。ということです。


イメージしてください。

今、ネットを挟んだ向こう側のコートから、相手がサービスを打とうとしています。

あなたはいつも相手の何を見ていますか?

ラケットですか?

体の向きですか?

スタンスですか?

視線ですか?

ファッションですか(笑)?

それとも漠然と、相手全体ですか?





答えがこれらに当てはまった方は、かつての私と同じく

『ボールを眺めている』可能性が非常に高いです。リターンをするために必要な目からの情報の精度が、低い状態です。

リターンの目的は、サービスで打たれたボールを、相手コートに打ち返すことです。

その精度を上げるためには、打つべき対象の情報を、より多く、より正確に、より細部にわたって取り入れることが何よりも大切です。

つまり、ボールが相手の手の中にある時から、すでに観始めている。こと。

次に、トスで上げられ、ラケットで弾かれ、飛んでくるボールの一部始終を観続けること。
(ボールがどう回転しているのかわかる、あるいはボールのケバケバが見えるくらいに、です)

そして、自分がリターンしたボールも、変わらず観続けること。

どうでしょうか?

この間に、少しでも他の対象の情報が入ってくることは、ボールの情報精度の著しい低下を意味します。

相手の動きを見たり、自分の身体の動き(テイクバックやグリップ、手首やラケット面の角度)などを意識することは、一見必要なことのように思われがちですが、これらはすべて自分に入ってくるボールの情報を「あいまい・漠然」としたものにする余計な情報です。

プレー中はずっと『ボールを観続ける』ことが、自分のプレーの精度を高める秘訣です。

それでは、今日はこのへんで。

フィーリングテニス無料メルマガレッスンの紹介記事はこちら

10分でテニスが上達!フィーリングテニス無料メルマガレッスンの申し込みはこちら
[ 2010/04/13 02:18 ] 練習法 | TB(0) | CM(4)
ネギヲさん、こんにちは。
とても参考になる記事でした。
ボールを観ると眺めるの違いわかるような気がします。
次回のテニスから「ボールを観る」ことを心掛けるようにします。
ただ、私の場合はまず集中力の持続に難ありですけど。
[ 2010/04/13 09:45 ] [ 編集 ]
>チャコさん

コメントありがとうございます。

ボールを「観る」ことができるようになるとわかると思うのですが、それがすなわち「集中している」状態なんです。
つまり、頭の中で何も語らずにボールをただただ「観続ける」ことを癖にしていくだけで、自然と集中力は養われていきます。

無理して「集中力をつけるぞ!」と意気込めば意気込むほど、かえって集中力はつき辛くなる、ということなんですね。

お互いに頑張ってまいりましょう^^
[ 2010/04/13 10:11 ] [ 編集 ]
ネギヲさん こんにちは!
ご訪問、コメントありがとうございます♪ボールを見ると眺めるの違い
大切ですね!
眺めるから見るに切り替えて頑張っていきたいと思います(*^-^*)
[ 2010/04/14 14:06 ] [ 編集 ]
みきさんへ
>みきさん

コメントありがとうございます!

ボールを観ることができるようになると、ちょっとテニスの世界が変わって感じられると思います。

自分も日々実践中で、変化を楽しんでいる真っ最中です^^お互い頑張りましょうね。
[ 2010/04/14 14:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。