脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

目が焦れば、雑になる(その2)

フィーリングテニス実践!

ネギヲより^^


前回も書きましたが、


ボールを観ようとするとき、

そこに自分の予測が入ると、

ボールが来るであろう、または

ボールが飛んで行くであろう、と

自分が予測する方向に目が一瞬先回りするため、

結果的にボールをずっと観ることができない、という体験をしました。


この体験から、

「今まで自分はボールをちゃんと観れているつもりだったが、
 
 それはあくまでも『観れているつもり』に過ぎなかった」

ということがわかりました。


このことを受けて、

『観れているつもり』を『観れている』に変えるべく、

自分の予測や思い込みに頼らないで、純粋にボールを観たらどうなるの?

という実験を、改めてやってみました。

(テキストを読んで、やってたつもり・わかったつもりになっていた箇所)


そうすると、

『観れた』『観れていない』しかなかった自分の基準に、

「○○%ボールとして観れていた」「○○%黄色い線になっていた」という感じで、

徐々に、自分なりにボールを観れた度合いが加味されていく感がありました。


そして、

ボールが観れた%と、自分が感じる生理的ヒットポイントの鮮明さは、

どうやらだいたい比例してくるようだ、という

(ざっくりとではあるものの)実感もありました。


また、

生理的ヒットポイントを感じているとき、自分は無理をしなくなる

というか、自分がいなくなるような感覚がありました。

(一生懸命・自分が・頑張る、などのフレーズに違和感を感じる)

この感覚を求めると、セルフトークが生まれることが

明らかだったのですぐに流しましたが、この感覚に慣れることは必要ですね。

おいおい、自分にとって当たり前のことになるでしょう。



今回は、

覚え書きのようになってしまいましたね。

どなたかの、何かの参考になれば幸いです。
[ 2012/10/22 00:38 ] 練習法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。