脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テニスの壁【エネルギーの使い方】

こんにちは!

今日、家の廊下でピンを踏んでしまいました(泣)。まー痛いし血は出るし散々でした。
どうやらうちの娘(わんこです)がイタズラでどっかからくわえてきて落っことして、そのまま放置してあったやつらしいです^^;

ちょうどいいんで(強引)、今日は針の話です。

針って、刺すと穴が開きますよね。
当たり前ですよね。
でもあれ、何でだと思いますか?

あれ、先が尖ってるからなんですよね。

先が尖ってるってことは、先に伝わる力が一点に集まるってことなんです。
力が一点に集まるから、簡単に穴が開くんですね。私の足の裏みたいに(泣)。
あー痛い。

これ、テニスにも、同じことが言えたりします。

みなさん、テニスの練習って、どんなことしますか?

人それぞれだと思いますが、共通して言えるのは、

「一つのショットだけに一日の練習時間を割く人は、まずいない」

どうでしょうか?言えてませんか?

テニスやってると、色んなショットのことが気になりますよね。

フォアの練習してるつもりが、なんかバックハンドの調子が気になったり。

ボレーの練習してるのに、相手が浮かしてきたボールをスマッシュミスして、それが悔しくていつの間にかスマッシュの練習になってたり。

サービス練習してるのに、相手のリターンする時の顔が微妙で、それが気になっちゃったり(笑)。


こんな感じで、皆さん知ってか知らずか、つい色々やってます。
実はこれ、色々やりすぎなんです。


『テニスエネルギー』っていうのを、テニスする人は皆さん持ってます。

一日のうちに使える『テニスエネルギー』の量は決まってて、この『テニスエネルギー』で、いろんな壁に穴を開けて、その穴を通って壁の向こうへ行く。
というのが、テニスというスポーツの練習方法です。

壁には、色々あります。
『フォアハンドの壁』
『バックハンドの壁』
『フォアボレーの壁』
…などなど。

で、『フォアハンドの壁』は、
『フォアクロ(フォアハンドクロス)の石』
『逆クロの鋼』
『ダウンザラインのダイヤ』
…とかいう、細かい素材で出来上がっています。

この素材は、頑丈です。
ゆえに、それが集まってできている『壁』は、そりゃもう大変な硬さな訳です。
カッチカチです(笑)。

この壁に穴を開けることをイメージしてください。
あなたが使っていいのは、初期スキル『テニスエネルギー』だけです。

『テニスエネルギー』は、あなたがある一点に集中することによって、
『テニスレーザー』となり、素材に穴を開けていきます。

素材に穴を開けることによって、その素材があなたの眠ったテニススキルを覚醒させます。
『フォアクロの石』に穴を開けると、あなたのフォアクロスキルが発動します。

ですが、テニスエネルギーが少しでも分散すると、あっという間にテニスレーザーは威力を失います。
そして、穴を開けることができなくなってしまいます。
これが、『つい色々やっちゃう人』のテニスエネルギーの使い方なんです。

どうですか?
今まで通りの練習で、あなたの眠ったテニススキルの発動は期待できそうですか?


廊下に落ちていた小さなピンは、私の足の裏の、結構硬くなってる皮膚に穴を開けました。

拳法の達人は、自らの意志エネルギーを指先に集約し、人差し指の突きで、石に穴を開けられるんだそうです。
(意志で石に穴を開けちゃうんですね(笑))

エネルギーは、一点に集中したときに大きな力を発揮します。

今度の練習日、あなたの意思エネルギーを、一点に集中して使ってみませんか^^

練習するショットを決めたら、コート上ですることはこの一点のみです。

それでは、今日はこのへんで!

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

あなたの『テニスエネルギー』を『テニスレーザー』に変える方法が、

『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』です。

まずは、無料のメルマガレッスンから始めてみませんか?

フィーリングテニス無料メルマガレッスンの紹介記事はこちら

↓↓メルマガの申し込みはコチラからどうぞ↓↓
10分でテニス上達!フィーリングテニス無料メルマガレッスン

メルマガから発するエネルギーに、きっとハートを打ち抜かれちゃいますよ♪
[ 2010/04/08 00:45 ] 練習法 | TB(0) | CM(4)
おお~っ!長所進展の話ですね?!

苦手のバックを長い時間練習するより
得意のフォアを更に磨くほうがいい。。。

レッスンでは限られた時間のなかで
色々のメニューをこなすから、、、(~_~;)
やはり『コソ練』するべきか!?
[ 2010/04/08 01:03 ] [ 編集 ]
>てにままさん

コメントいつもありがとうございます!

長所伸展、というか、
試合で抽出した自分の課題に、よそ見しないで取り組みましょうよ。という提案でした。

例えば、フォアのミスが多くて試合に負けたので、
「次の試合までフォアを徹底的に練習しよう!」
と決めたはずが、やってるうちに、
「今日はバックの調子がいまいちだなぁ… バックも練習しなきゃなぁ…」
ってなりがちですよ~。どうですか~。
っていう話です。

なかなか上達しない…とか、試合で勝てない…とか言う人って、こういう人が多いです。
いつの間にか、当初の目的がどっかにいっちゃうんですよね。

もうその悪いクセ、やめませんか~?っていう、
自分なりのささやかな提案をしてみたつもりです。
[ 2010/04/08 01:46 ] [ 編集 ]
勝手ながらブログで紹介させていただきました^^
これからもよろしくお願いします。
[ 2010/04/10 21:10 ] [ 編集 ]
ありがとうございます^^♪
>tomuraさん

紹介をしてくださり光栄です^^

まだまだ 未熟なブログですが…

皆さんに喜んでもらえるものを作っていきたいと思っています。

こちらこそ よろしくお願いします^^
[ 2010/04/10 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。