脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自信がつくと、自由になれる

こんにちは!

フィーリングテニス実践中!

ネギヲより^^



自信は人を変える。


今年の県大会で、同じクラブの若手ペアがC級の大会でダブルスベスト8に入り、見事B級に昇格した。

B級に昇格後、どうも彼らのプレーが変わってきたように見える。

以前に比べて、発想が豊かになってきた感じ。

本人たちがそれに気付いているかはわからないが、

プレーの自由度が増している。


私の県では、C級からB級に昇格すると、B級からC級に降格することはない。

なので、B級選手になることは『その他大勢からの脱出』という
一つのステータスとして認識されている。

B級になると「もうC級には落ちない」という安心感からか、

あるいは自分が「C級時代の自分とは違う。もうB級なんだ」という達成感からか、

なんとなく、テニスが大きくなる。

そういう感じを受ける。


自分の可能性を信じる強さが、より強くなったということだろう。

可能性を信じると、自分への疑いの気持ちは小さくなる。

それまで自分に課していた抑制が外れ、

結果、プレーの自由度が上がるのだ。



彼らはB級昇格を鍵として、自信という宝を手に入れた。


自信は、人を変えるのだ。
[ 2011/09/21 22:33 ] テニスと人生 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。