脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミスこそはすべて【ミスって楽しい♪】

こんにちは!

フィーリングテニス実践中!

ネギヲより^^



「どんどん、ミスをしよう!」

これは、フィーリングテニスを実践した中で

最も驚いた教えのうちの一つ。


「ミスをしよう!」


…何それ?…


テニスを始めてから、フィーリングテニスを始めるまでの間、

色んな上級者にアドバイスをもらってきた。

そのアドバイスはみな、

「ミスをしないためには…」

「ミスを減らすには…」

「ミスをしない程度に力を抜いて…」

「相手コートの真ん中を狙えばミスが減るから…」

といった感じだった。


いや、

きっと違ったアドバイスをくれた人もいたのかも。

だけど、自分のベースが、


『ミス = してはいけないこと』


という場所にあったから、

自分でも気づかないうちに、

聞き入れるアドバイスを選んでしまっていたのかも知れない。

ミスをしないように…

ミスを減らそう…

そうやってテニスを続けてきて、

いまいちテニスを楽しめなくなった自分に気づいたから、

フィーリングテニスの

戸村さんの言葉が、

素直に聞き入れられたのかも知れない。



何にせよ、

ミスすることはいいことだ。

というより、

これからなるであろう、自分の姿を見ながら

するミスは…楽しい。

ミスを楽しめるようになって、

自分のテニスはずいぶん変わった。

以前と比べて、ミスの数は増えたと思う。

だけど、明らかにショットの質が上がった。

それも、急激に上がった。

恐る恐るボールを打つことがなくなった。

身体に任せてボールを打った結果、

とんでもないアウトになることが快感にすらなってきた(笑)

やばいよね^^♪


ちなみに、ゴルフのパターが上達するには、

自分のボールからカップまでの情報だけでは少ないそうだ。

自分とカップを挟んで反対(奥)側の情報が、

パターの正確さを上げるのだという。


むちゃくちゃ打って、とんでもないアウト。

一見、何の役にも立たない情報。

だけど、身体からは新たな感覚が生まれてくる。

とんでもないアウトの情報をきっかけに。

どの情報が、自分の何を引き出すかはよくわからない。

わからないけど、

なりたい自分への過程なんだとわかるから、

一つ一つのミス(=情報)にワクワクしている。


こうなると、テニスはとてつもなく楽しい。

目の前で起こること全部が、楽しくてたまらない。


こんなんでいいのかな?

って思うことも前はあったけど、

今は、

これがいいんだ^^だって楽しいんだもん♪

って素直に感じるようになった。


だから、明日も

「どんどん、ミスをしよう!」
[ 2011/08/08 23:41 ] Feeling Tennis | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。