脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?
-別アーカイブ  [ 2014-04- ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『身体でボールを打つ』

フィーリングテニスで変わる、セカイ。

ネギヲです。


先日、戸村さんとテニスできる機会に恵まれました。

その際、私がフォアのストロークを打つ姿を見ていた戸村さんがポソっと


「ネギヲ、腕、振りすぎやな」


とつぶやいていたそうです。

確かに、その時の私は、肩のあたりを支点とした腕のスイングで

ボールを飛ばそうというイメージを持っていました。

それで以前よりはフォアストロークのボールが良くなった感じがあって

そのイメージを持ち続けていたのです。


そのテニスの後、戸村さんが食事の席で私に


「腕に仕事をさせない。ボールは身体で打つ」


と、ヒントをくれたのです。


身体で打つ…

なんとなく想像はできるものの、具体的なイメージが湧きません。

「この際、ほんとに球出しのボールに身体を当てにいってみようか」

などと(けっこう真剣に)考えていました。


そんな時、

戸村さんからのヒントを基にトッププロのビデオを観てみると、

すごいボールを打っているのに、意外とテイクバックや

腕自体の振りは大きくなくシンプル。


注目すべきは、身体の向きでした。

ボールを打つ前と打った後で、身体の向きが大きく入れ替わっています。

それも、ボールによって入れ替わりの大きさは実にさまざま。

自分で「こうしよう」と調節しているのではなく、

ボールに合わせた自動的な動きであることがうかがい知れます。

その動きに、腕が同調して自然に振られているという感じ。


「ふむふむ、これが身体で打つってことかな」


何度かビデオを観るうちに、自分がボールを打つイメージも出来ていきました。


そのイメージのまま、実際にコートでショートラリーをしてみると、


…いい。

腕を大きく振ろうとしていた時に比べて、

頑張って打ってる感は圧倒的に少ないのに、勝手にボールが飛んでいく感じ。

すごく楽チンだし、気持ちいい。


ロングラリーになっても、以前なら押されることが多かった若手のボールにも、

打ち負けずに対応することができました。

腕の疲労感もまるで違います。


ただ、気を付けないと身体の動きを意識してしまいそうになります。

コートに立ったらずーっとボール、が大前提なのは変わりません。

ボールに同調することで、身体の動きの大きさが調節されていきます。

結果、身体全体を自然に使ったフォームになる。という感じがしました。


あと思ったのは、

これなら、腕で調節する必要がないので
(実際には中の人(笑)が必死でやってくれてるんですが)、

プレッシャーがかかる試合でも、大きく崩れることが少なくなるかもしれません。


何より、ボールを打つのが楽しみになりました。
[ 2014/04/29 18:35 ] 練習法 | TB(0) | CM(0)
★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。