脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?
-別アーカイブ  [ 2011-11- ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テニスと【断捨離】

こんにちは!

フィーリングテニス実践中!

ネギヲより^^



『身体が自動的に動く』


この感覚を大切にしたいと思っている。


自分の中からこの動きを引き出すには、

ちょっとしたコツが必要になる。

それは、、、



------------------------------------

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
↑↑クリックで応援ヨロシク!

------------------------------------



『自分の動きを決めない』

これがとても重要だと感じている。


私の場合、

リターンの場面でこのことを実感することがとても多い。

相手からのサーブを待つ時間には、

結構色々なことを考えやすい。


「どこに打ってくるかな?」

「フォアに来たら、確実に打ち返すぞ!」

「スライスでリターン&ダッシュしようかな」


というようなことだ。

一見、プレーにしっかり臨んでいるように思えるが、

実はかえってプレーに深刻なブレーキをかける。


身体が自動的に動くためには、

このような意識は必要ない。

というより、このような意識下において、

自動的に身体が動くことはないに等しい。


リターン(に限らずテニス全般)において必要なのは、

相手から飛んでくるボールに自分を同調させることだ。

ボールと自分が同調することによって、

自分の中からボールの動きに合った身体運動が引き出されていく。

つまり、

『自動的に動く』身体運動が生まれるわけだ。


ボールと同調するために、

フィーリングテニス的に言うと

『ボールを観る』

ことがとても重要になってくる。

これによってのみ、自分とボールとの同調が実現する。


そこに至るためには、

「~しよう!」

「~かな?」

という、自分の思考(健在意識)を、

一度リセットして、頭の中をクリアにする必要があるのだ。


これを実践しようとすると、

リターンのポジションについて、

相手からのサーブを待つ間、

頭の中に思考が湧き起こるのがわかるはず。


「どこに打ってくるかな?」

「しっかりクロスに沈めるぞ!」

「ストレート狙ってみようかな?」

「速いのがくるかな?」


などなど。。。

この思考は、自分の動きを妨げるもの。

すぐに忘れるようにしよう。

そして、ボールを観よう。

(だけど気をつけよう。「観よう!」というのも思考なのだ!)


頭の中がクリアになる感覚がわかると、

間もなく『自動的に身体が動く』世界を感じられるはずだ。

そして、

その世界から生まれるプレーは、

自分に別次元の感覚をもたらしてくれる。



それはまさに『快感』だよ(* ̄ー ̄)ニヤリ
[ 2011/11/27 22:07 ] 練習法 | TB(0) | CM(0)
★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。