脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?
-別アーカイブ  [ 2010-12- ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご無沙汰しております。【報告プラス、報告(笑)】

こんにちは!

Feeling Tennis実践中!
ネギヲです^^

気づけば前回の記事から一ヶ月、放置してしまいました(汗)。

今日は、ちょっとした報告です。

Feeling Tennisの戸村さんもオススメ!

このブログ内でも広告を載せさせて頂いている、動体視力トレーニングメガネ

【プライマリー】

を、ようやく…個人的に購入しました!

いや~…ここまでの道のりは長かった(泣)

購入したばかりで、テニスシーンでは未使用ですが、おいおいこのブログで体験記事をアップできると思います。

ご期待あれ!


それと、何回か前の記事で、ストロークのボールイメージを作るトレーニングについて書きましたが、明らかな変化が私にもたらされています。

苦手意識も手伝って、打つのにとても神経を使っていた(集中の低い状態)フォアハンドでしたが、ボールのイメージが鮮明に作れたことにより、自分の中からたくさんのヒラメキが湧いてきて、ボールがとても楽に打てるようになりました。

楽にボールが打てるようになると(集中が高まった状態)、自分から飛んでいくボールが、イメージで作ったボールにどんどん近づいていくので、ボールを打つたびに「やったぜ!」という小さな成功体験が自分の中で起こります。

成功のイメージ
 + 
小さな成功体験の積み重ね 

 = 苦手意識が、「フォアハンドが得意」という自己イメージに更新される

これにより、今後は以下のようになっていくと推測

 ⇒ さらに容易に成功(自分の打ちたいボール)のイメージが描ける

 ⇒ すでに成功の経験があり、自分の成功を信じられるので、楽しくボールを打つだけ

 ⇒ 描いたイメージに打つたびに近づくため、ミスすら楽しい

 ⇒ 集中状態を妨げる要素が減ってくるため、イメージを再現するまでの時間が短縮される

 ⇒ 「ファアハンドが得意」が「フォアハンドが”パネぇ”状態に」(笑)


…いや、なれると思います。本気で。

その昔、機械のなかった時代の日本の職人たちは、機械のように自分の身体を使えていたようですから。

それに比べて自分の身体は、まだまだ未開拓の部分があり、伸びしろは限界知らず。

育てがいがあるってもんです(笑)
[ 2010/12/20 14:15 ] テニス | TB(0) | CM(2)
★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。