脳科学を基に体系化されたテニス上達メソッド『Feeling Tennis(フィーリングテニス)』を実践!その効果のほどは!?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『身体でボールを打つ』

フィーリングテニスで変わる、セカイ。

ネギヲです。


先日、戸村さんとテニスできる機会に恵まれました。

その際、私がフォアのストロークを打つ姿を見ていた戸村さんがポソっと


「ネギヲ、腕、振りすぎやな」


とつぶやいていたそうです。

確かに、その時の私は、肩のあたりを支点とした腕のスイングで

ボールを飛ばそうというイメージを持っていました。

それで以前よりはフォアストロークのボールが良くなった感じがあって

そのイメージを持ち続けていたのです。


そのテニスの後、戸村さんが食事の席で私に


「腕に仕事をさせない。ボールは身体で打つ」


と、ヒントをくれたのです。


身体で打つ…

なんとなく想像はできるものの、具体的なイメージが湧きません。

「この際、ほんとに球出しのボールに身体を当てにいってみようか」

などと(けっこう真剣に)考えていました。


そんな時、

戸村さんからのヒントを基にトッププロのビデオを観てみると、

すごいボールを打っているのに、意外とテイクバックや

腕自体の振りは大きくなくシンプル。


注目すべきは、身体の向きでした。

ボールを打つ前と打った後で、身体の向きが大きく入れ替わっています。

それも、ボールによって入れ替わりの大きさは実にさまざま。

自分で「こうしよう」と調節しているのではなく、

ボールに合わせた自動的な動きであることがうかがい知れます。

その動きに、腕が同調して自然に振られているという感じ。


「ふむふむ、これが身体で打つってことかな」


何度かビデオを観るうちに、自分がボールを打つイメージも出来ていきました。


そのイメージのまま、実際にコートでショートラリーをしてみると、


…いい。

腕を大きく振ろうとしていた時に比べて、

頑張って打ってる感は圧倒的に少ないのに、勝手にボールが飛んでいく感じ。

すごく楽チンだし、気持ちいい。


ロングラリーになっても、以前なら押されることが多かった若手のボールにも、

打ち負けずに対応することができました。

腕の疲労感もまるで違います。


ただ、気を付けないと身体の動きを意識してしまいそうになります。

コートに立ったらずーっとボール、が大前提なのは変わりません。

ボールに同調することで、身体の動きの大きさが調節されていきます。

結果、身体全体を自然に使ったフォームになる。という感じがしました。


あと思ったのは、

これなら、腕で調節する必要がないので
(実際には中の人(笑)が必死でやってくれてるんですが)、

プレッシャーがかかる試合でも、大きく崩れることが少なくなるかもしれません。


何より、ボールを打つのが楽しみになりました。
[ 2014/04/29 18:35 ] 練習法 | TB(0) | CM(0)

“ありがとう” を ありがとう。

フィーリングテニスで変わる、セカイ。

ネギヲです^^


季節の上ではもう秋となり、朝晩はいくぶん涼しくなってきました。

ですが、昼間テニスをするにはまだまだ暑いです。


秋の県大会が始まっています。

私は仕事の都合でエントリーしていませんが、

同じクラブの若手が、県A級昇格を目指して

暑い中、試合の中に飛び込んでいっています。


毎年、この時期になると、私はかつての男ダブパートナー

Eさんのことを思い出します。

(Eさんについてはこちらを一読ください。)
↓↓
Eさんの思い出

そして、テニスができることに

自分が感謝できているか。

自分とテニスの関係を見つめ直しています。


感謝の気持ちがなくなってくると、

独りよがりなテニスになっていきます。

うまくいかない時、何かのせいにします。


Eさんがやりたかったテニス。

どこにも痛みがなく、ボールを打てるということ。

一緒にテニスをしてくれる仲間がいること。

自分を取り囲む、人や物への感謝。

この気持ちを思い出させてくれる、

Eさんへ、もう一度

ありがとう。
[ 2013/09/04 00:34 ] テニスと人生 | TB(0) | CM(0)

もっと、気持ちよくなろぉ♪

フィーリングテニスで変わる、セカイ。

ネギヲです^^


大阪で戸村コーチのレッスンを受けてから、

テニスの調子がいいです。


特に、気持ちよく打つことを心がけることで、

プレーに迷うことが少なくなりました。


“気持ちよく打つ”というと、

力任せにバカ打ちする、といったイメージを持つ方もいるかもですが、

そういうことではありません。

ボールを打った時に、

身体にギクシャクした感覚が残らない、というのが近いかも知れません。

身体全体にスムーズな流れがある、そんな感じです。


この気持ちよさは、ボールを観続けることで得られる

“今!”という生理的ヒットポイントを感じる強さに

比例しているように思えます。


誤解のないように書きますが、


“気持ちよく打つことを心がける”



“「気持ちよく打とう!」と意識する”


ことは、同じではありません。似てもいません。

自分の中では、むしろ相反する位置づけとなります。

○○しよう!と意識することと、ボールを観ることは

脳の性質上、同時にできないためです。


本当に気持ちよくボールを打つためには、

ボールを打とうと意識せず、

ボールを観続けることで

身体の自動的な動きを引き出すこと

つまり、

“身体に勝手に動いてもらう”ことが

外せないポイントとなります。


身体が勝手に動いてくれた時は、

身体がどう動いてボールを打ったかが

自分ではほとんどわかりません。

そして、スパッと打てたという気持ちよさが残ります。


この気持ちよさ、

あなたもきっと病みつきになりますよ(笑)
[ 2013/08/30 01:55 ] Feeling Tennis | TB(0) | CM(0)
★ブログランキング参加中★
【クリックで順位アップ!】

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
ブログランキング
ブログランキングNo.1
クリックお願いします♪ ネギヲのやる気も上がります!
★おすすめ情報★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。